トップページへ戻る > 古書の買取に関して

古書の買取に関して

本棚に眠っている本、整理をしたいけれど愛着があって何度も読み返した本ばかりなので、捨てるには惜しい本ばかり…。などという方いらっしゃいますか?大切に保管してきた本だからこそゴミとして処分してしまうのは気が引けるという方は多いことでしょう。それでも、増えていく本棚の中身をすっきりさせたいという方は、まずは古本屋さんへ古書の買取を依頼しましょう。手元にある本がいくらかでも現金化することができるようになります。

免許証などあなたの身分を証明できるものを持参すれば、見積もりの上で買取をしてもらうことができます。専門的な知識を持った方がいる古書販売店では、過去の漫画単行本の全巻15冊セットで二千円、短歌集が定価以上の1600円などというような高値で買取を行うこともあるほどです。ただしこのようなケースはほんの一握りだということも覚えておかれるとよいでしょう。

シミや色あせ、日焼けがない状態の良い本であるほど買取額が高くなります。ページの破れに関してはないことを前提としています。専門書や参考書、まんが本などあらゆるジャンルに関して買取を行ってもらえますが、思想や宗教に関する本、一時的な世相を取り上げた本に関しては買取不可の事が多くあります。このほか、セットものの百貨辞典や同人誌なども一般的な古書店では買取を行うことはありません。ISBNコードという書籍の戸籍ともいえるコードを照会して相場を決めることもありますので、ISBNコードがない本も買取が難しい場合もあります。

関連エントリー

Copyright © 2010 月刊誌の買取ガイド. All rights reserved